ソラの旅ノート

ふらっと年に数回一人旅に出る良くいる零細企業の会社員。旅の記録と旅に役立つと思って買った雑貨や小物などの旅ノート

スペインのんびり旅・マドリード編

一人でのんびりスペイン8泊11日マドリード編(09/10 - 09/13)です。途中、トレドに日帰り観光しているため実質2日程度です。

ホテル:Sercotel Suites Viena, Madrid

バラハス空港

香港経由でバラハス空港到着。SIMカード購入できる場所を探してインフォメーションっぽい感じのところとLebaraの二カ所を発見。Lebaraの方が安くてたくさんのGIGAでしたね。

通信手段確保後、ターミナル4に到着したようなので地下に移動しレンフェで市内へ。切符はカウンターでツーリスト・トラベルパス(Aゾーン)3日を18.40ユーロで購入。

f:id:sora_c:20171010095357j:plain

f:id:sora_c:20171010095353j:plain

観光

サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアム

滞在中、残念ながらマドリードで試合はないのですが、フィールドと展示物が観れるスタジアム見学ツアーに参加、100人程度並んでいたが20分程度でチケット購入し中へ入る(25ユーロ)。ツアーと言っても自分で個人でコースを歩いて回ります。

f:id:sora_c:20171010095350j:plain

f:id:sora_c:20171010095346j:plain

王宮

デカイ、広い、豪華。入ってすぐの天井画も凄い(写真取ってなかった)。また、その先は写真撮影禁止だったため外観の写真のみ。

王宮広場を見渡すと角に小さな入口があり、人が入っていくのが見えたので追いかけて、そのまま王立武具博物館を鑑賞。馬上戦での武器から始まり、さまざまな年代の武器が展示されていて、こちらも楽しい。

f:id:sora_c:20171010095939j:plain

ソフィア王立美術館

一番の目的のピカソさんのゲルニカは2階ですが、エレベーターで4階へ上がって上からゆっくりと見てまわる。2階ではゲルニカを目指して番号の指示通り進むも、丁度ピカソさんの部屋が改装中みたいで迂回の案内板を発見し指示通りに移動、ここでも迂回することとなる。

f:id:sora_c:20171010095443j:plain

プラド美術館や街の散策

San Jeronimo el Real教会を観た後、プラド美術館に13時ごろ到着するとスタジアム以上の列。かなり時間がかかることを覚悟するが、スタジアムと同じくらいの20分程度でチケットを購入して鑑賞。

その後、自転車競技者(ブエルタマドリード周回?)を行っていて、迂回しないと通りを横断することができないため、街の散策を兼ねて、スペイン広場の散歩や、適当に歩行者天国をふらふらとしながらホテルへ移動。その他、マヨール広場を中心に特に目的はないが散歩するなどして街の雰囲気を楽しむ。

f:id:sora_c:20171010095341j:plain

食事

viena

ホテル近くのレストランで夕食。量も丁度良く、イベリコ豚のハムがちょっとしょっぱいので残してしまうが、リゾットはそこそこ美味しい。リゾット、イベリコ豚のハム・パン、あと1品を食べて、グラスワイン2杯飲んで20ユーロ程度と中心地に比べればお手頃な価格。

f:id:sora_c:20171010095439j:plain

Sobrino de Botin

世界最古のレストラン。予約なしで14時くらいに到着、5分くらいで席へ移動。スープ(ガスパチョ)、子豚の丸焼き、アイス、ワイン(ハーフボトル1本)のセットを注文。 まずはガスパチョ。ビネガーも丁度良くかなり美味しい。子豚の丸焼きは、皮はパリパリで肉は軟らかく、しつこくない味付けも良い。ただ、臭いがしないと聞いていたが、やはり少々獣の臭いを感じるので苦手な人はつらいかな。

少し酔いを感じたので、もったいないが赤ワインは飲みきれずに残してしまう。

f:id:sora_c:20171010095432j:plain

f:id:sora_c:20171010095435j:plain

マドリードを後にして

スタジアム、王宮、ソフィア王立美術館、プラド美術館以外は特に目的を決めてないこともあり、適当に街を歩いてパエリア食べつつビール飲んだり、タパスでワイン飲んだりなマドリードです。

朝はゆっくり9-10時頃ホテルを出発、バスや地下鉄を使いつつ1日15-20Kmくらい歩いていたようです。日没が遅く20時でも明るいので気がつけば21時とか22時とかな感じでしたね。

f:id:sora_c:20171010095428j:plain